【光を灯す人】


光を灯す人のことをライトワーカーという



知らないことが沢山あるからこそ知ろうとする

自身の暗いところを徐々に明るくしていく


興味のわくままに

楽しさがそこで蠢いている


そいつをキャッチする力はやっぱり


みんな元々持ってるはずだから


どんな形になっても

どんな表現からでも


何か感じて考えて


言葉にしていく


それは自分の持ち物を人に見せ


新たな視点でもって発見をするということ


手垢のついた知恵の方が生きる

文章に血がかよっている


魂が載っている


ぼくはここにある

ぼくはここに居る


言葉で表現するということは

その言葉を置いていくということは


そこに在ろうとすること

そこに光を灯すこと


誰の為でもない


自身の‘あかり’を灯す為に


詩とはそういうもの


広がりや視点がそこに内在される


言葉の足跡


とてもナチュラルな感覚

とてもシンプルな視界


暗かったらあかりを灯す


× も見方を変えれば +に なる

世界の×を

自分の×を+にちょっと動かしてみてみる


愛はそこに燈る


ただ、自分自身であれ


真の我であれ


さすれば

あなたの光は周りを照らすだろう



どこにでもいるすべてのライトワーカーに幸あれ

0コメント

  • 1000 / 1000