【どんなだっていいよ】

大丈夫なふりして

よく笑っていた

そのうち 自分の本当がいなくなって

誰にもわからなくなってしまった

わたしにすらも

そうだよ

わかるはずない

誰にも見せてないんだもん

わたしはなんのために・・・

どうだろうね

ぼくはここで君を見てたよ

君は優しいから いつも人を優先するし

なんでも受け入れて 引き受けて

いつもそうやって 周りを大事にしてきたね

知ってる 同じ道をみてきたから

本当の気持ちが奥にいって 自分でもわからなくなるほどに

閉まって隠して気づかないふり

いつしかそれになれてきて

みんなが笑顔でいてくれるもんだから

やめられなくて どうしようもなくて

みんなが笑顔なら私はそれでいいんだ

なんておもっちゃって

いつしか君は本当の笑顔を忘れていたね

君の笑顔を見せてくれよ

大粒のその涙の後にでも

君に良い事をおしえてあげるよ

それでいいよ

君は優しい魂なんだ

そのまま 

あなたを大事にしてくれる人を 大事にしたらいいよ

ほんとうだよ

心ある人からは良く言われてきたと思う

なんでそんなにやさしいの

自己犠牲なんてもうやめなよ

あなたの時間はあなたのものなんだから

もっとあなたを大事にして

あなたが生きやすいようにいきてよ

そんな優しい部分ばかりみせるなよ

もっと心からの本音を見せてよ

やっぱりみせれないものもあって

どうにもなんない気持ちもそりゃあって

けど飲み込んじゃうから

いつだってそうだったでしょ

わかってる

どんなだっていいさ

最低でも最悪でもいいさ

君の事知ってるんだ

君の事見てきたんだよ

どんなだっていいさ

最低でも最悪でもいいさ

君の事知ってるんだ

君の事見てきたんだよ

なにげなくただ そこにいるぼくかもしれないけど 

こんなにも君を知っている

わかるよ

わかるんだよ

痛いくらいに

ずるいかな

ぼくだけこんなに君を知ってるなんて

君はぼくのことどれくらい知ってるのかな

聞くのは すこし こわいな

こゆときは決まって僕の方がよく知ってるんだもの

気づくかな

わかるかな

大丈夫だよ

泣いていいよ

どんなだっていいさ

最低でも最悪でもいいさ

君の事知ってるんだ

君の事見てきたんだよ

どんなだっていいよ

最低でも最悪でもいいよ

君の事知ってるんだよ

君の事見てきたんだよ

ねぇ 笑ってみせてよ

魂の詩人要蓮

いつもこころに太陽を。

0コメント

  • 1000 / 1000