【おかえり】

あいのともしび

ふたりのハート

ひとりでいるより

ふたりでいるほうがよく

ふたりぶんのきもちになるという奇跡

ふたりぶんのハートが育つ

伝えたくなる

言葉はそのためにうまれたのではないかな

大事な人にきもちをつたえたい

そのおもいをいまここに

気をつけていないと あふれてこぼれてしまいそう

いつだって愛は必死さ 穏やかでありながらも

いつだって愛は全力だよ

いえない 

この先君を想い続けていけるかどうかなんてぼくにはよくわからない

けれど ふたりでいるとうれしくて たのしくて 君がいなくなるとどうしようもなくて

なけてなけてしかたなくなるのです さみしくて どうしようもないことはわかっているんです

それはいってもいいのかな

いえない

その胸の中にいつまでも僕が生きていたいだなんて

いえない

君の身体のなかにずっと入っていたいだなんて

いえない

君を独り占めにしてしまいたいだなんて

ふたりがしあわせでありますように

ふたりがしあわせでありますように

この祈りをどうか 叶えてくださいますように

魂のかたわれ ふたりでひとつの感覚さ

こどものように 赤子のように 君に甘えていたい

君も僕に甘えてほしい

ふたりで笑顔でいたい

ずっとそばにいたい 

とても大事な存在です

ありがとう

いつもありがとう

愛を込めて



魂の詩人要蓮

いつもこころに太陽を。

0コメント

  • 1000 / 1000